「本気!番外編」全3巻 
少年チャンピオンコミックス

本気!番外編1 風

<1994年>


子供の頃、風のはじまりはどこにあるのか疑問でした。 どこかで何かが最初の空気を動かします。それがドミノ倒しの ように伝わってゆくのかな、なんて想っていました。 誰かが美しい行動をすれば、それが美しい風になる。  何か一歩はじめたいですね。

                       
本気!番外編2 命

<1998年>


この物語を通じて、数多くの人たちが、ドナー登録を してくれました。現実に、骨髄提供に到った人たちもいます。 数々の尊い想いに立ち会えた事、立原にとっても宝物です。 もう一度、大きな声で、胸の中で反照しよう。  —私達は、尊い因子を持って生まれた尊い命だ— と。

                       
本気!番外編3 SOS

<1998年>


雪を待ち望んだ事ありませんか。 朝、ふいに見る雪に うれしい気分になった事ありませんか。 アイスバーンで 転ぶかもしれないのに、雪かきでムダな労働を強いられるかも しれないのに、雪どけ道が冷たいのに……。 今でも、雪を臨んでる自分がいたら、あなたは、まだ少年です。

                       

「本気!Ⅱ」全5巻 
少年チャンピオンコミックス

本気!Ⅱ 1巻

<1998年>


自分なりにけじめをつけて終わった物語が熱い声援で スタートします。まちがいに気のついていない国の、 まちがいだらけの物語になるかもしれません。 どうせ、 まちがうのなら熱い想いだけは、胸にしまって……。

                       
本気!Ⅱ 2巻

<1998年>


本気という文字の成り立ちを調べてみます。 「本」は木の下部に印をつけて、木の根もとを 示した字です。広く物事の「もと」に使います。「気」は 米と水蒸気を合わせて、米をたく時に 立ち上がる湯気、転じて、目に見えない動きを さします。 もとの、見えない動き、本気。

                          
本気!Ⅱ 3巻

<1999年>


“腹ふくるるわざ” 満腹が不快だとしたら、今の幸福は 不快なのでしょうか。空腹は食物をおいしくさせます。 心のさみしさは人の想いをより深く感じさせます。 …だとしたら… 心が少しだけ飢えていた方がいい?  少しだけ不幸の方がいい?

                          
本気!Ⅱ 4巻

<1999年>


若者の辞書から“青春”という文字が消えた。 そんな事を言う人達がいます。 そんなもの最初から ありませんでした。夕日に向かって走る事にしたって、 雪の日に裸足で、恋人のもとへ行く事だって、昔から みんな“ごっこ”だったのです。  I am a Boy. 最初に習うセンテンス。これも存在しない 言葉です。“ぼくは少年です” そんな事言う少年に、 あった事ありません。 青春とは、その青を通り過ぎた 人達が、はじめて口にする言葉です。

                          
本気!Ⅱ 5巻

<2000年>


人を殺める事や、欺く事が、人のとる行動でない事くらい、 法で決められなくともわかっています。 歴史上、一度もと言ったのは、他の決め事です。 すべての決め事、その法を操る人たちのためにつくられて きたのです。“弱者=愚か”という図式は、今も続いています。 君の周囲でさがしてごらん。すべてです。